スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バベル』、はあなたを混乱させる映画だ。 

観た人の数だけ、BAVELが存在する。

バベル




★ネタバレあり!!
『21g』を事前に観て、こりゃポール・ハギスの『クラッシュ』にも影響を与えたな

なんて思いながら、試写会場の厚生年金・芸術ホールへと足を運んだのですが、

この映画『バベル』は、そのクラッシュを更に世界的規模の衝撃と激突に深化させた

感のある、実にヘヴィーな映画でした。

モロッコの放牧民の少年が放った1発の銃弾が、3つの大陸の4つの言語、

4カ国の人々の魂を貫き、混乱と悲しみの果てにやがて僅かな希望の光を放ちつつ

静かに終わる物語り。ただ、この映画はかなり観る人を選ぶと思う。

これでもかと容赦なく圧倒的演出で描き出される人間の生と性。

そして排泄や流血が混沌と一体となってスクリーンに押し寄せてくる。

愚かさや寂しさ。貧困と虚栄。

欺瞞に満ちた豊かさやコミュニケーションが、音を立てて崩れ、観る者に圧し掛かる。

20070424224912.jpg

日本を舞台としたシークエンスでは、日本人としてとても海外では観たくないと思わせる

ショッキングなシーンの連続だ。しかし、コレが実に良く描けている。

日本に1度しか来た事の無い監督が撮った画とはとても思えないのだ。

正確に言うと、観たくない日本がただそこにある。

それは、今この世界を生きる誰もが隠すことの出来ないリアルなのだ。

だから、イタイ!故に、ツライ! 人気blogランキングへ

この暴力的な才能の『アレハンドロ・ゴンザレス・イニヤリトウ』監督は、

実に繊細且つ大胆に、欺瞞と言う名のソフィスケートされた我々文明人の感性を、

計算づくで徹底的にぶち壊してくれるのだ。

時間軸をずらした編集と、手持ちのライブなカメラワーク。

静と爆音の効果音。映画の持つありとあらゆる手法を駆使して揺さぶられる。

そう言えば、音楽と撮影は、ともに『ブロークバック・マウンテン』のスタッフ、

『グスターボ・サンタラオヤ』と『ロドリゴ・プリエト』だ。
20070424224838.jpg

曖昧な浮遊感と荒涼とした砂漠。失踪する車と置き去りにされる魂。

繋がり合うのに必要なのは、言葉ではなく【愛】なのに。

人種と言葉と性差と国境。超えることの出来ない、見えない壁。

近いほど解りあえない孤独な魂達。地球を構成する最も小さな単位の国家である家族が、

解りあえず愛し合えず、苛立ち彷徨う。モロッコの砂漠で、メキシコの荒野で、

そして摩天楼の東京で・・・。

TVや携帯、メール。あらゆるコミュニケーション手段がありながら、

何一つ解り合えないもどかしさ。そんな喧騒と静寂の中に描かれるチエコと日本の孤独。

愛と情熱を持ちながらも、自国では暮らせぬメイドのアメリア(アドリアナ・バラッザ)の

見事な愁いを含んだ演技に魅せられ、刑事(二階堂智)とヤスジロー(役所広司)の背中に

やり切れぬ孤独を見た。
20070424225024.jpg

批判の対象になるであろうケイト・ブランシェットの放尿も、モロッコの少年のオナニーも、

そして菊池凛子の無軌道に見える性衝動と全裸のヌードも、この舌を噛みそうな

名前の監督の優しさだとしたら・・・。

そして、この映画には、見た人の数だけ解釈があってもいいと思う。

凛子演じるチエコの書いた手紙の内容は、刑事の二階堂智にしか分からない。

しかし、それを感じる人の数だけ『バベル』は確かに、そこにある。

散らかり混乱したジクソーパズルの最後の1ピースを埋められるのは、

人間の愛とイマジンだけだと思わせてくれる映画なのだから。

チキショウ!!ホントに映画ってやつは・・・。

20070424224956.jpg


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。