スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度めの『硫黄島からの手紙』。 

    硫黄島に、ハナミズキ。
20061214101215.jpg


二度あることは三度ある。栗林中将が、西郷に言ったように、達也も三度目の

『硫黄島からの手紙』を観てきました。

少年の頃から映画を観ていますが、短期間に三度も同じ映画を観たのは

初めてかもしれない。

しかし、この映画はそれくらいの価値のある映画だと、観るたびに思えてくる。

前二回は試写会だったので劇場の音響等に制約があったが、

今回は梅田E-maのブルク7。 ブログランキング

観る前から、三度目は出来るだけアメリカ人の視点で見てみようと心に決めました。

そうする事によって見えてきたのは、アメリカの兵士達が硫黄島で戦った相手が、

東洋の野蛮人や表情の曖昧なイエローモンキーなどではなく、自分達アメリカ人と

まったく同じ、血の通った家族思いの人間達であると言うことだ。

我々日本人の立ち位置でこの映画を観ると、『栗林中将は素晴らしい指導者だ』とか、

『バロン西は何てカッコ良い』などの感情が先走りがちである。

しかし、この『硫黄島からの手紙』こそ、クリントがアメリカ人の為にしたためた

手紙なのである。栗林やバロン西を正確に描き切る事で、誰と戦い何が失われたのかを

アメリカ人に知らせるための彼の話法なのだ。  人気blogランキングへ

20061215044620.jpg

一方の視点から戦争と言う狂気を描くと、どうしてもどちらかに偏ってしまう。

それを同時に二つの視点で双方から描くことにより、この硫黄島2部作は、

従来の映画が持ち得なかった同じ視点を獲得したのである。例えば、今回の

このプロジェクトに参加しているスピルバーグの『プライベート・ライアン』や、

ミュンヘン』を観ると良く分かる。

戦争は悲惨だ。復讐の連鎖を止めなければ・・・。

それはもっともだ。だが、どの様に?

悲惨さを訴え問題を提示することも大切だが、それだけでは何も解決しない。

ある禅僧が武士にこう問うた。

『両の手のなる音は知る。では、片方の手の鳴る音は・・・』

その答えを問われた武士は黙ったままだったが、

禅僧は片方の手で、自分の頬をきつく叩いたという。

同じ気持ちで人を許す愛と勇気、自己犠牲なくして、悲しみの温床である復讐の連鎖を

絶つことは出来ない。9.11以降、クリントの話法も確かに変わった。

だが彼は、諦めることなく強かに、そしてしなやかに、映画という手段で、アメリカ人と

日本人という相対する個人にメッセージを送ったのだ。、同じ悲劇を共有する者達に。

この2つの映画は限りなく脱色されたモノトーンだが、

流される双方の兵士たちの血の色だけが、同じように赤い

映画のラストで、栗林中将は愛用のコルト45口径の拳銃で自決するが、

その1911年製の銃は、駐米武官として渡米していたアメリカを去る時に

友人から贈られたものだ。

同じ1911年、日本から贈られた桜のお返しにと、アメリカから贈られた花が、

ハナミズキだと、偶然知った。

そして『一青 窈』が、9.11のテロにインスパイアされて作った曲、

『ハナミズキ』を聴きながらこのレビューを書いていると、

涙が止まらなくなった・・・。

 僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと
 止まりますように
 君と好きな人が
 百年続きますように

 君と好きな人が
 百年続きますように ~ ♪


死んでいった者達が、 残された家族や愛する者達を思う歌詞にもとれる・・・。

硫黄島の2部作は、クリントとそのスタッフが日本とアメリカに贈ってくれた、

『ハナミズキ』のような映画なのだと思う。

今も1万3千柱以上もの英霊が眠る硫黄島と僕達の心に、

目には見えないハナミズキを植えてくれたのかも知れないなぁ・・・。

Complex: 花言葉は、『私の思いを受け取ってください』という。


BESTYO BESTYO
一青窈 (2006/11/29)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング
スポンサーサイト

Comments

ハナミズキ…大好きです。

達也様、TBをありがとうございました。
3度目をご覧になったのですね。
観る毎に味わいの深くなる映画なのでしょうか。。
私も1度では、消化することが出来ませんでした。
ハナミズキ…花も大好きですが、曲も大好きでCDも持っています。
達也様が書かれているように、
同時多発テロ事件に触発されて作られた曲という事は、あまり知られていなくて、
発売された年は、結婚式で1番流された曲だったそうです。

「今も1万3千柱以上もの英霊が眠る硫黄島と僕達の心に、
目には見えないハナミズキを植えてくれたのかも知れないなぁ・・・。」

美しい表現ですね。
植えられた苗が平和の花を咲かせるまで、育てて行けたら良いですね。

PS...
図々しく此方の記事にもトラバさせて頂きました。
今後共、宜しくご指導下さい。

トラバ大歓迎ですよ!

ほたるさん、いつもアリガトです。
トラバ歓迎します。
それにしても、いい映画でした。
今まであまたの巨匠が成し得なかったことを、
クリントがやってくれましたね。
気が早いですが、DVD絶対に買います!!
あっ、二枚セットものかなぁ・・・?

三度、ご覧になられたのですね。

 私も、映画館が今のように入れ替え制でない時は、朝から晩までひとつの映画館にいて、3度も4度も観たものです。名作はもちろん、B級でも、2度目の鑑賞時、伏線にはっとして。3度めの鑑賞で細かいところが見えてきて・・・今はやらなくなってしまいました。三度目の評論は、深く濃いものとなっています。ここまで書きたいと思いつつ、私は上っ面ばかり・・・。読ませていただき、本当に勉強になっています。ありがとうございます。  冨田弘嗣

やっと書けました

達也さん、こんばんは。
先日観てきた「硫黄島からの手紙」のレビューを、ようやく書くことができました。TBさせてくださいね。

とても深い描写で、憲兵の犬と捕虜の手紙の犬の比喩的な対比とか、栗林中将のコルトの拳銃とか、投降した清水がどうなったかとか、いろんな所に、物語の上で起こっていることだけに終わらない、深い意味が隠されていて、何度も何度も、記憶の中で反芻しながら、味わっています。

もう一度観たら、また別のことに気付くかもしれません。本当にクリントはすごい映画を撮ったものです。

  • [2006/12/16 22:35]
  • URL |
  • 飛田カオル
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

こんばんは

ハナミズキは好きな曲で、ipodにもしっかり入ってるのですが、この曲が9.11によって生まれたという事は知りませんでした。
へヴィな想いが込められた曲なんですね。
1911年というのは、おそらく栗林にとっても、日米にとっても蜜月の幸せな時代という象徴なんでしょうね。
まるで今のような・・・というとちょっと怖いですが。

とんでもないです。

冨田弘嗣さん、いらっしゃいませ。
二度も三度も観ないといけないのは、
自分に理解・消化能力が、足りんからです。
そして、胸のもやもやが、咽に刺さった秋刀魚の骨状態で、
何とも気色悪いからに他なりません。
でも、今回みたいなことが続くと、
カラダも財布も持ちません。
でも、行くんだろな~。

読ませていただきました。

>「敵」の姿を、何よりもまずアメリカ人に見せるためだろうと思う。
まったく同感です。
その為の2作、その為の手紙がこの映画です。
アメリカで3つの賞を早くも受賞しているようですが、
この映画の本質を一人でも多くのアメリカの人達が
見つめてくれることを、心から願います。
そして、ホンとにいい映画に出会えて、幸せです。

ノラネコさん、達也も知りませんでした。

そーなんですって。
一青 窈自身がコメントしていますが、
9.11の悲劇を知って、一日で書き上げたそうです。
>日米にとっても蜜月の幸せな時代という象徴
なるほど、映画でも繰り返しアメリカ時代の
フラッシュバックがありました。
最後は自決の直前に、大陸を一人車で走るシーンですが、
『早く合いたいです』『一人のドライブは寂しいです』と
言っていましたよね。
栗林の遺品の一部が遺族に帰ったのは、
奇しくも小笠原諸島返還が決定した、
その日だったようです。

ブログ運営者様

「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
古今東西あらゆるものの評判やクチコミを集めるサイトです。
従来のブログランキングなどとは異なり、
同ブログ内の記事でも異なる記事であれば、
URLを「クチコミ検索」というコーナーに複数登録可能です。
不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
ランキングのように上位表示、下位表示に影響されることなくご自身のサイトの

アクセスアップが見込まれます。
この機会に是非ご利用ください。

http://www.reviewda.com/

レビューda!ドットコム-Reviewda.com-

  • [2006/12/23 17:47]
  • URL |
  • レビューda!ドットコム
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

3回も観られたのですか?
私も近く、2回目を観る予定です。
私は「父親たちの星条旗」が、監督クリントの戦争に対する思いがより出ていて、ベターと思うのですが。
2回目を観て、確認してきます。

パーキンスさん、ようこそ!

ハイ、二度あることは、三度あると、
栗林閣下も言っておられました。
また、観るたびに新しい発見のある
良い映画です。
何か見つかれば、またコメントくださいませ。

おはようございます

アメリカでも観て来ました。
「手紙」はしっかりと届いていたと思いますよ。
少なくとも、このハッピーなクリスマスシーズンに、こんな暗い映画を観にいこうという人たちには(笑
再鑑賞してみても、やはり凄い映画でした。

青い目が観た硫黄島

のらねこさん、貴重なコメント
アリガトウございます。
レビューも読ませていただきました。
大阪のブルク7でも最終回の上映は、
英語バージョンで上映しているようです。
達也が見に行ったときにも、若い数人の
グループ(白人、何人か不明)が観に来ていました。
クリントからの手紙が確り届いたなら
ホンとに有意義でスゴイ事だと思います。
これで、安心して年が越せそうです(笑)

日本インターネット映画大賞募集中

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

ようやく観る事ができました

達也さま、こんばんは。
先日「ミュンヘン」でお世話になりました武田です。
「硫黄島からの手紙」、すごかったです。
観てから達也さまのレヴューを拝読しようと思って、我慢していたのですけど、うーん・・・そうなんだ、そうかぁ・・と斜めになりながら読ませていただきました。私ももう一度観たいです。

武田さん、ようこそ!

武田さん、いらっしゃいませ。
クリントの『硫黄島からの手紙』は、
いろんな意味で凄い映画です。
この映画が、これからの映画のスタイルを
変えるかもしれませんね。
早くDVDが出て欲しいものです(気が早過ぎ)。
ゼヒ、3度目のアカデミーをとって欲しいと思います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://amon1610.blog51.fc2.com/tb.php/25-1d795514

「硫黄島からの手紙」を観て…No1

私は、この映画の原作「散るぞ悲しき」を読み、前日にフジTVのドキュメンタリードラマ「硫黄島戦場の郵便配達」 を観て、また新たな感動を胸に、映画を観る事を楽しみにしていた。フジTVの番組は、硫黄島へ手紙を届けた木更津基地の704飛行隊海軍配下の根元正良少尉を中心に

  • [2006/12/14 13:10]
  • URL |
  • ほたるのひとり言 |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙を観て」No2…ルーズベルト宛に書かれた手紙

硫黄島で最後の総攻撃が行われようとしていた時、市丸利之助少将は、1人壕の中で机に向かい、ルーズベルト大統領宛てへの手紙を認めていた。映画「硫黄島からの手紙」には、僅かの登場シーンしかないが、大本営は海軍部の司令官として市丸利之助少将を硫黄島へ送った。市丸

  • [2006/12/14 13:11]
  • URL |
  • ほたるのひとり言 |
  • TOP ▲

As a son of a samurai

As a son of a samurai.mp3をダウンロード久しぶりの更新で

硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima

米国人であるクリントイーストウッド監督が『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。       世界に先がけての日本公開。先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、日本側から観た

  • [2006/12/14 21:13]
  • URL |
  • 我想一個人映画美的女人blog |
  • TOP ▲

映画『硫黄島からの手紙』

昨日から公開の『硫黄島からの手紙』を梅田ブルク7で観てきました。 睡眠不足の眠たい目を擦りながら簾、朝9時すぎに劇場に到着。『武士の一分』、『007/カジノロワイヤル』などの他の話題作もラインナップされているからか、チケット・フロアには既に相当数

  • [2006/12/14 22:33]
  • URL |
  • 健康への長い道 |
  • TOP ▲

何のために戦うのか【硫黄島からの手紙】

先に公開されている硫黄島2部作の一つ 「父親たちの星条旗」はアメリカから見た闘

  • [2006/12/14 22:45]
  • URL |
  • 犬も歩けばBohにあたる! |
  • TOP ▲

『硫黄島からの手紙』鑑賞!

『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー!世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか?東京都小笠原村硫黄島??グアムと東京のほぼ真ん中日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島この島で61年前に起こった出来事をあなたは知っていましたか?半世紀以上も

  • [2006/12/14 22:50]
  • URL |
  • ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! |
  • TOP ▲

【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)

1945年 硫黄島アメリカが5日で終わると思っていた戦争を36日間守り抜いた日本人たちがいたこれは彼らの話である

  • [2006/12/14 22:53]
  • URL |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

Letters from Iwo Jima(2006/アメリカ)【劇場公開】監督/製作:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 硫黄島プロジェクトの第二部。日本側からみた硫黄島の闘い。まずこの映画がアメリカ人の製作というのが驚きますよ

  • [2006/12/14 23:31]
  • URL |
  • 小部屋日記 |
  • TOP ▲

クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」

監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童  「父親たちの星条旗」につづき、この映画でもスクリーンは不思議な色に染まっている。草の緑も浜辺の砂も海も色も、これがほんとうに硫黄島の自然の色とは思えない。だが、私の判断

  • [2006/12/15 00:18]
  • URL |
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

『父親たちの星条旗』のエンドロール後に流れた予告編で大泣きしてしまった『硫黄島からの手紙』絶対ロードショー当日に観たくて、社員旅行先で宴会の2次会を抜け出して観てきました。★★★★★今年、★の数を5つ付けた映画は数本有りますが、この映画の為にもう少し控え

  • [2006/12/15 08:15]
  • URL |
  • そーれりぽーと |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」レビュー

「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽

  • [2006/12/15 09:54]
  • URL |
  • 映画レビュー トラックバックセンター |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕

  • [2006/12/15 12:50]
  • URL |
  • 映画鑑賞★日記・・・ |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」

 先週試写会で見てきました。 「硫黄島からの手紙」  「父親たちの星条旗」に続く、クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作の第二弾です。   

  • [2006/12/15 14:42]
  • URL |
  • しんのすけの イッツマイライフ |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

 この映画・・・なんて受け取ればよいのでしょうか?イーストウッドがとる必要があ

  • [2006/12/15 19:20]
  • URL |
  • eclipse的な独り言 |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」に、見入ってみませんか?

「硫黄島」2部作の日本から見た「硫黄島」「硫黄島からの手紙」アメリカから見た「硫黄島」”父親たちの星条旗”も素晴らしい作品でしたが本作も本当に素晴らしい作品です。感動を与えられるというよりも「何か凄いメッセージ」が感じ取れます。5日間で終わるとされた戦い

  • [2006/12/15 21:06]
  • URL |
  • bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

TOHOシネマズなんば  人間は基本的に戦いというものが好きである。特に男は昔からその傾向が強いと

  • [2006/12/16 03:16]
  • URL |
  • 活動写真評論家人生 |
  • TOP ▲

★「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。日本側から見た戦争のお話。戦争映画苦手なひらりんとしては、覚悟してみなくちゃいけません・・・。

  • [2006/12/16 03:30]
  • URL |
  • ひらりん的映画ブログ |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦ったか

  • [2006/12/16 09:08]
  • URL |
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ |
  • TOP ▲

「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」

監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ

  • [2006/12/16 15:12]
  • URL |
  • MoonDreamWorks★Fc2 |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙 一兵卒に導かれ、私たちは魂の深い所に入ってゆく

クリント・イーストウッド監督は『父親たちの星条旗』で“戦争に英雄はいない”という強いメッセージを打ち出した。そして、国家がいとも簡単に兵士を英雄に祭り上げては見捨ててゆくという戦争の現実を、3人の兵士の体験を通して、豊かに物語ってくれた。イーストウッド監

  • [2006/12/16 22:26]
  • URL |
  • MUDDY WALKERS ブログ |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」映画感想

クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。

  • [2006/12/17 00:01]
  • URL |
  • Wilderlandwandar |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む

「硫黄島からの手紙」★★★★★必見!渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ硫黄島が制圧されたら米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる日本の最後の生命線を舞台にイーストウッド監督が...

硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円

「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。第一部

  • [2006/12/17 14:20]
  • URL |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」見てきました。

 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。

  • [2006/12/17 15:04]
  • URL |
  • よしなしごと |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

私は戦争時代を経験していない。従って、この映画は日本の戦争時代を教えてくれる良いテキストとなった。アメリカ人のクリント・イーストウッド監督に下記2点で、敬意を払いたい。 ・この映画には”ふじやま・芸者”も  なかった。日本人から観ても、極め....

  • [2006/12/17 18:58]
  • URL |
  • 映画・つぶやき |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

ただの涙だけじゃない、アメリカが描いた日本兵の姿。

  • [2006/12/17 20:42]
  • URL |
  • 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α |
  • TOP ▲

映画:硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ「自分が正しいと信じたことをしろ」今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらしてしまってるそうですね)戦争映画は自発的に観ることはないし、TVで放送して

  • [2006/12/19 14:20]
  • URL |
  • 駒吉の日記 |
  • TOP ▲

「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」を読み解いてみる(ネタバレ)

クリント・イーストウッド監督が日米両側の視線から第二次世界大戦の激戦のひとつ・硫黄島の戦いを描いた硫黄島二部作「父親たちの星条旗」(以下・星条旗)と「硫黄島からの手紙」(以下・硫黄島)。物語を映画的手法で語る映画職人・クリント・イーストウッド監督ならでは

  • [2006/12/19 22:48]
  • URL |
  • MUDDY WALKERS ブログ |
  • TOP ▲

映画「硫黄島からの手紙」

原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima)硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙

  • [2006/12/20 02:09]
  • URL |
  • 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ |
  • TOP ▲

映画「硫黄島からの手紙」

2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ..

  • [2006/12/20 12:16]
  • URL |
  • しょうちゃんの映画ブログ |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙☆独り言

観る前に、一応『父親達の星条旗』2回目鑑賞・・・あぁ、、、また同じとこで寝ちゃってるかも^^;;;ということで、土曜日の『硫黄島~戦場の郵便配達~』のドラマでもう一回予習・・・その上での鑑賞ってことで日曜日に観てきました。『硫黄島からの手紙』予告でも観て

  • [2006/12/20 23:54]
  • URL |
  • 黒猫のうたた寝 |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間

イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親

  • [2006/12/24 05:51]
  • URL |
  • はらやんの映画徒然草 |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

今日、硫黄島2部作のもう一方の「硫黄島からの手紙」を見てきた。「父親たちの星条旗」は、戦争の残酷さと生き残った者(英雄)たちの葛藤や苦しみが描かれていたが、「硫黄島からの手紙」には戦争シーンのみで生き残った者のその後が全く描かれていないが特徴だった。(製

  • [2006/12/24 11:13]
  • URL |
  • 充実した毎日を送るための独り言 |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙 / アメリカの目線

サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。最初の記事はこちら。劇場はほぼ満席。映画の性

  • [2006/12/26 05:52]
  • URL |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ |
  • TOP ▲

「硫黄島からの手紙」を観た

太平洋戦争末期、硫黄島を舞台に、激しい戦闘が繰り広げられた。クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。

  • [2006/12/28 10:24]
  • URL |
  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ |
  • TOP ▲

日本は硫黄島で2度負けた~「硫黄島からの手紙」

 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄

  • [2006/12/28 18:27]
  • URL |
  • 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

『LETTERS FROM IWO JIMA』2006年アメリカ初見。年末ギリギリ滑り込みセーフで鑑賞できました。『父親たちの星条旗』の時は、半分以上お盆でもないのに自分の中の死者たちと対峙して映画そっちのけになっておりましたが、こちらは真剣に見入ってしまいました。俳優たちもこ

硫黄島からの手紙

私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏しい戦力

  • [2006/12/29 17:46]
  • URL |
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★ |
  • TOP ▲

硫黄島からの手紙

予告通り,元旦から映画の日ということで映画館へ。気になっていた「硫黄島からの手紙」鑑賞。-Story-太平洋戦争の末期、硫黄島では日米の戦闘が開始されようとしていた。その頃、新しい指揮官、栗林忠道が降り立った。戦死が名誉とされていた中、彼は兵士達に生きて国に...

  • [2007/01/02 13:05]
  • URL |
  • たーくん'sシネマカフェ |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。