スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒澤明vs.ハリウッド―』を、読んで観る。 

20世紀映画界最大の謎。
映画の怖さと素晴らしさ。


20070214114020.jpg

黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて / 田草川 弘

日本人にとっても、世界の映画ファンにとっても、黒澤明と言う監督は

映画の歴史にそびえる巨大なランドマークであり、避けては通れず、

見過ごすにはあまりに大き過ぎる存在だろう。

達也が映画を見始めたころには、黒澤は世界の黒澤であり、

『影武者』の勝新太郎との衝突、解任劇をへて『乱』へと至る、

後期の黒澤明しか記憶に無い。 人気blogランキングへ

また『赤ひげ』以降の彼の映画は、同じ監督のものとは思えないほど

あまり良いとは感じられずにもいた・・・。

しかし、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞の『羅生門』から『七人の侍』、

『隠し砦の三悪人』、『赤ひげ』と続く彼の作品を並べてみても、小津安二郎、溝口健二、

成瀬巳喜男らと共に、世界に誇れる日本屈指の名監督の一人であることは間違い。

映画がモノクロからカラーに変わり、テレビの普及と映画の斜陽化。

そして、時を同じくして黒澤を襲った悲劇は、彼の描こうとしたシェイクスピアの

悲劇と相似的関係であり、また邦画が娯楽の王様から転落してゆくタイミングとも

シンクロして、非常に興味深いものがある。

その時に黒澤監督が手掛けたエポックな映画が、20世紀フォックスが

社運を賭けた超大作映画、日米合作の『トラ・トラ・トラ』である。

その―『トラ・トラ・トラ!』の解任劇を巡る謎に迫って黒澤を新しい視点から

描ききった傑作が、田草川 弘著作の『黒澤明vs.ハリウッド』だ。

この本を書店で目にし、あまりの面白さと多くの発見に、ぜひこの映画レビューで

採り上げたいと思っていた。

そして、黒澤とハリウッドが果たせなかった20世紀の映画の夢を、

昨年『クリント・イーストウッド』監督とそのクルー達が、

違う形ではあるが達成したことと関連させて考えてみたいと思うのです。

ただ、書籍だけでも500ページ近いボリュームがあり、

黒澤が世界の映画界に与えた影響(ルーカスやコッポラ、スピルバーグ)

も含め、数回に分けたレビューにしたいと考えております。

to be contenuum・・・・・


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://amon1610.blog51.fc2.com/tb.php/36-56ecd69f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。