スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボルベール<帰郷>』を試写会で。 

娘は母に、母は娘に帰郷する。

20070615161105.jpg


 嫌いな梅雨入りに体調不良。あまり乗り気ではなかった試写会でしたが、観て良かったと思える映画。特に女性の方には、必見のお薦め映画であります。
 監督は『トーク・トゥ・ハー』『オール・アバウト・マイ・マザー』の『ペドロ・アルモドバル』。主演はアルモドバル監督と『オール・アバウト・マイ・マザー』以来の顔合わせとなる『ペネロペ・クルス』。

 多感なティーンのころ母(カルメン・マウラ)との関係が悪くなり、親と別居していたライムンダ(ペネロペ・クルス)は、火事でその両親を失っていた。そして今は失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために、空港で慌ただしく働く日々を過ごしている。そんなある日、母のお墓の掃除で帰郷した田舎で、火事で死んだはずの母親を見たと言う噂を耳にする。そして、肉体関係を迫ってきた父親(実は義理の父)を、娘のパウラが殺してしまうという事件が起こってしまうが・・・。

20070615165342.jpg20070615165306.jpg


 その後、幽霊騒ぎやライムンダと娘パウラの事。父の死と病の友人の娘への償いなど、ストーリーの中で謎となっている母との確執が、ラストの10分で雪の様に消えてゆく・・・。大事なポイントなので、敢てレビューでは触れませんが、ホント良く練られた脚本です。
 この映画『ボルベール』は、カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞(何と主演助演の6女優全員)を受賞し、母として、娘として、そして女としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を赤裸々に描き上げている。人気blogランキングへ

 アルモドバル監督らしい赤をベースとしたビビッドな色彩の中で展開する人生賛歌を堪能できるが、思わずクスッ、ニヤっとするコメディの要素や、母が観ているテレビがヴィスコンティ監督の「ベリッシマ」なのも、中々ナイスなのだ。人間の生と性、死と詩をリアルに描く世界観は、日本やハリウッドには無い、やはりラテンの血の成せる業なのか。
 これだけヘヴィーなテーマで脚本を書くと、普通観るに耐えないほどのドロドロと陰鬱な映画になりがちだが、この『ボルベール』がその対極に描かれているのは、監督の力量に寄るところも大きいだろう。
 また、ペネロペが劇中で歌うタンゴの名曲『ボルベール』は実に見事で、歌の上手さと切ない歌詞が相まって彼女の母同様熱い涙をこらえ切なくなる。
 
20070615165217.jpg20070615165241.jpg


女達の悲しさと、切なさと力強さ。母と娘の、深い愛情と、男には到底知ることも出来な強い絆。タイトルの通り、母は娘に、娘は母に、そして女は少女に帰郷します。達也が女だったら、ぜひ母か娘と観たい映画ですね。でも、男はいったい何処へ帰ればいいのでしょう・・・。

 それにしてもペネロペ、真赤に匂い立つような良い女ですねぇ(視点がオッサンやん)。しかし、ポスターの写真は、チョッとカルーセル麻紀にも似てるしぃ。でも、ハリウッド作品でしか彼女を知らないなら、きっとこの映画で見方が変わります、絶対!!


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

スポンサーサイト

Comments

TATSUYAさん☆おはよございます☆

観てきましたよん、
良かったです。
アイメイク濃かったけどペネはやっぱり可愛い♪いい演技してましたね。
おばちゃん(母)も良かったですし、
皆カンヌで賞とったのも納得です。

達也さん、こんにちは!
ペネロペ、すごく色っぽくて素敵でした~♪ビビッドな色合いとかも良かったし、なかなか楽しめました。

>でも、男はいったい何処へ帰ればいいのでしょう・・・。
 ごめんなさい、ここ部分、ちょっとくすっ(^_^;)となってしまいました。
確かに、この映画見終わった後「男は殆ど出て来なかったなぁ・・・(出て来てても、なんだかサビシー扱いだった・・)
なんか、女性だらけの映画だった印象が・・。

migさん、ようこそ!

migさん、でしょでしょ。

ペネロペは今まで繊細で薄幸な
イメージが強かったのですが、
この映画で改めました。
いや、良い女優です♪

latifa さん、ありがとね。

latifaさん、ようこそ。

男達よ何処へ行く・・・。
と言う達也も男ですよ。
この映画を観れば、
全ての女性は勇気付けられ、
男は落ち込みますなぁ。

よし、負けるものかぁ!!

はじめまして!TBどうもありがとうございました。
ペネロペ・クルス、本当に綺麗でしたね。歌うシーンがとっても感動的でした。

かもりーなさん、初めまして。

かもりーなさん、いらっしゃいませ。

ペネロペのイメージを一新する
いい映画でした。
彼女の過去作品をもう一度見直して
みたくなりました。

私もオッサン目線?

TATSUYAさま、こんにちは~。TBさせて下さい。
女の私から見ても、ペネロペは本当~に綺麗!!
むちゃくちゃ魅力的ですよ~。
熱演でしたね、いい映画でした。
私は残念ながら娘がいないんですけど、ライムンダの強さを見習って生きていきたいと思いました。
劇場は女性でいっぱいでした!ではでは~。

真紅さん、ようこそ!

真紅そん、いらっしゃい。

達也は試写会場で観たので、
結構男性人もいたのですが、
明かりがついて帰る頃には、
皆さん肩を落としてすごすごと
家路についておりました。
そう言う達也もですが・・・。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://amon1610.blog51.fc2.com/tb.php/53-30ec1c0e

『ボルベール<帰郷>』

ボルベール 帰郷 (原題:Volver)----アルモドバルって女性ばかり撮っている気がするニャあ。「うん。そのイメージが強いね。今回も男たちは一様にその生きざまは薄汚く、反面、女たちは強くたくましい。しかも男たちは、その行為の罰を女たちから与えられ、早々と舞台か

  • [2007/06/15 22:01]
  • URL |
  • ラムの大通り |
  • TOP ▲

ボルベール <帰郷>

注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。ボルベール "Volver"(2006年/スペイン/ペドロ・アルモドバル監督/公式サイト)三世代の女性の生い立ちと、その愛のドラマ。

  • [2007/06/15 22:39]
  • URL |
  • 辛口だけれど映画が好きです |
  • TOP ▲

映画「スピードマスター」予告

来た来た来た~!!!!!!ついに待ってましたよスピードマスター!!アメリカンカーアクションがワイルド・スピードならジャパニーズカーアクションはスピードマスターでしょう!!前にドリフトという映画もありました

ボルベール -帰郷- / Volver

ずーっと楽しみにしてた、ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/}『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演2度目となる{/shootingstar/}この二人の相性ばっちりなんだよね。アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど前作、ガエ

  • [2007/06/22 10:45]
  • URL |
  • 我想一個人映画美的女人blog |
  • TOP ▲

「ボルベール帰郷」 ペネロペの豊胸と谷間が!

カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。アルモドバル監督の映画に出て来る女性って、綺麗という訳ではない中年の女性(男性含む)のインパクトが強い印象だったのだけれど、今回のこの映画では

  • [2007/06/22 12:48]
  • URL |
  • ポコアポコヤ 映画倉庫 |
  • TOP ▲

ボルベール [映画]

★★★☆☆☆☆☆☆☆ http://volver.gyao.jp/ (ボルベー

  • [2007/07/03 00:13]
  • URL |
  • mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 |
  • TOP ▲

いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』

スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。

  • [2007/07/03 12:48]
  • URL |
  • 水曜日のシネマ日記 |
  • TOP ▲

母と娘、女たち~『ボルベール<帰郷>』

 VOLVER ライムンダ(ペネロペ・クルス)は美しく働き者で、激しい気性の女性。三年前に両親を火事で亡くし、姉のソーレ(ロラ・ドゥエニャス)や一人娘のパウラ(ヨアンナ・コボ)らと墓参りを欠かさない。失業

  • [2007/07/05 16:39]
  • URL |
  • 真紅のthinkingdays |
  • TOP ▲

ボルベール<帰郷>-(映画:2007年75本目)-

監督:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアベ評価:93点公式サイト(ネタバレあります)いつの時代も男は馬鹿で弱くてもろく、女は逞しく....

  • [2007/07/09 23:30]
  • URL |
  • デコ親父はいつも減量中 |
  • TOP ▲

ボルベール(帰郷)を観ました。

妖艶な雰囲気がありながら、どこか少女っぽいライムンダを演じ、ペネロペはカンヌで最優秀女優賞を受賞。

  • [2007/07/11 22:31]
  • URL |
  • My Favorite Things |
  • TOP ▲

★「ボルベール <帰郷>」

今週公開作・・・普通なら、「ダイハード4.0」か「シュレック3」を見るところなんだけど・・・「ダイハード~」は先週の先行で見ちゃったし・・・なんたって、今作はペネちゃん(ペネロペ・クルス)主演だし・・・という事で、いつも夜は空いてる「TOHOシネマズ川崎」

  • [2007/07/18 04:07]
  • URL |
  • ひらりん的映画ブログ |
  • TOP ▲

「ボルベール・帰郷」彼女のレストランへ行けば陽気な笑顔がある

「ボルベール・帰郷」★★★★ペネロペ・クルス主演ペドロ・アルモドバル主演、スペイン、2006年真っ赤なドレスに華やかな笑顔、こんな人が厨房やホールに出て客をもてなせば、店は賑わうだろうな。見ていて、ひょんなことから以前働いていた店で料...

映画レビュー一覧 た~わ行

 80年代までの映画のタイトルは「名作の森(外国映画)」と「名作の森(日本映画)

  • [2008/01/07 18:06]
  • URL |
  • 銀の森のゴブリン |
  • TOP ▲

ボルベール<帰郷>

2006年 スペイン 2007年6月公開 評価:★★★★★ 監督、脚本:ペドロ・

  • [2008/01/07 19:55]
  • URL |
  • 銀の森のゴブリン |
  • TOP ▲

mini review 07276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆

カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモド...

  • [2008/02/25 15:25]
  • URL |
  • サーカスな日々 |
  • TOP ▲

ボルベール<帰郷>

ペネロペ・クルス/ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション ¥4,935 スペイン 2006年 ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 『オール・アバウ

  • [2008/03/29 10:18]
  • URL |
  • 映画を観よう |
  • TOP ▲

ボルベール  〈帰郷〉 

★★★★  『トーク・トゥ・ハー』でその異色な才能を認められた、べド口・アルモドバル監督の最新作。カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を併せて受賞している。 ボルベール帰郷 コレクターズ・エディション販売元:ギャガ・コミュニケーションズ発売日:2008

  • [2008/05/10 20:59]
  • URL |
  • ケントのたそがれ劇場 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。