スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『傷だらけの男たち』を梅田OS劇場で。 

それは、傷跡の告白。

20070718233345.jpg


 久しぶりに劇場で新作映画を堪能してきた。金城武とトニー・レオン主演の『傷城/CONFESSION OF PAIN』、邦題はかなりダサメの『傷だらけの男達』。しかし、劇場にたどり着くまで、今日が水曜日のレディス・ディであることをすっかり忘れていたのだ。いくら金城+トニーの競演とは言え、やけにレディが多いなぁ~なんて思っていたら、ほぼ99%レディス。しかも皆さん1000円ポッキリでのご入場であります。トホホ…。しかし、ここまで来たら引き返せない。ほぼ満席の最終回、前から4列目のシネスコ・スクリーンの壁がそそり立つ席に陣取り、じっくり鑑賞させていただきましたよ。1800円の元は取るのだ!!

 あの香港ノワールの名作『インファナル・アフェア』のスタッフが再集結して作り上げた今作『傷城/CONFESSION OF PAIN』は、トニー・レオンが脚本段階で演じることになっていた元刑事のポン役を『不夜城』の金城武が演じ、インファナルで切ない瞳の演技で泣かせたトニー・レオンが、逆にクールな先輩刑事のヘイを演じている。このキャスティング・チェンジが吉と出るか凶と出るかが、この映画の最大のポイントである。本来、インファナルの相手役アンディ・ラウが演じてピタッとフィットしそうな役を、対極のトニー・レオンが演じる点が肝なのだ。インファナルのファンを自認する達也としては、当初???な感じだったが、トニーのチャレンジ・スピリットに拍手したい。今までのイメージを良くぞキッパリと捨て切ったと。切ない哀愁漂う捨て犬の様な瞳が印象的なインファナルと打って変ったクールな表情の下に、影を感じさせる大人の演技は見事だった。しかし、ルックスは眼鏡をかけた石坂浩司に似ていなくも無い。でもその分、金城武がカッコ良いのだ。

20070718235403.jpg 20070718235503.jpg


 さて、物語りは2003年のクリスマスに沸く香港ナイトから始まる。イブの喧騒でごった返すバーで、刑事のポン(金城武)は慣れない酒を飲みつつ張り込みをしていた。やがて先輩で上司のヘイ(トニー・レオン)も加わり、目星を付けた犯人をバーから尾行する。流れるヘッドライトの川と、目も眩む香港島の摩天楼。空撮を交えながら香港の夜景を見事に切り取りながら容疑者を尾行していく。その途中、ポンはある交通事故を目撃するのだが、これがラスト近くの大きな伏線となっている。やがて、犯人を追い詰めたポンとヘイ達の捜査陣は、連続女性殺人犯の自宅に突入し、見事犯人を検挙するが、明け方自宅にもどったポンを待っていたのは、変わり果てた恋人の姿だった。突然自殺した恋人への思いと傷の痛みに耐えかねたポンは辞職し、3年の月日が流れた。今や酒びたりの私立探偵となったポン。一方、資産家の令嬢スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚したヘイは対照的な立場だったが、二人の友情と信頼の絆に変わりは無かった。しかし、スクツァンの父チャウが何者かに惨殺され、身近な者の仕業と感じたスクツァンは、私立探偵のポンに捜査を依頼するのだった・・・。 人気blogランキングへ

 深い傷に心を閉ざし、現実逃避する様に酒を飲むポンを、金城武が切なく演じる。ボロボロになりながらも、恋人の自殺の謎をたどるポン。クールな表情の下に悲しみの闇を持つトニー演じるヘイ。二人の男の傷ついた魂が、寄り添いながら、最後は深い海の様なエンディングにたどり着く。ほんと、切ないのだ。インファナルとは別物と思いつつも、ほぼ同じスタッフで作り上げたこの映画は、どうしても比較してしまう。
 そして、インファナルのファンであればあるほど、トニー・レオンの変貌に驚き、金城の演技に魅せられる。しかし、アンドリュー・ラウ監督を始めとする全てのスタッフが、香港と言う都市と、香港映画を愛して止まないことがひしひしと伝わってくる。


20070719002031.jpg  20070719002101.jpg


 また、この映画は、謎解きのサスペンスとして観てはいけないと思う。心に深い悲しみの傷を負った男達の姿、やり場のない心の葛藤を見せるために、あえてネタバレ承知で物語のプロットは展開する。だからこそ、ヘイの行動を違った角度から観れるのだろうから。

 既に、インファナル同様ハリウッド&ディカプリオでリメイクが決まっていると言う。ディカプリオのオスカーを祈願しつつ、金城武の成長とトニー・レオンのチャレンジ精神。そしてスタッフの香港愛に、チィース!スコッチで乾杯なのだ。
 しかし、全編に流れる味わいのあるサウンド・トラックにいい気分で酔っていると、なぜかラストのエンドロールに流れる浜崎の曲。おぃおぃおぃの、おぃ。酔いが醒めるでしかし!!


インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】
アンディ・ラウ、トニー・レオン 他 (2007/01/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング
スポンサーサイト

Comments

インファナルのファンより

TATSUYAさん、こんばんは!
ワタシもインファナルのファンなので、トニー・レオンの悪役には驚きました。
「切ない哀愁漂う捨て犬の様な瞳のトニー・レオン」
ホントにその通りで、ワタシは、その瞳に、心を持っていかれました。

始まりは、2003年でしたが、その年に、レスリー・チャンが自殺をしてて、香港の映画人にとっては、特別な年らしいです。
だから、この映画を見て、TATSUYAさんの書かれているように、「アンドリュー・ラウ監督を始めとする全てのスタッフが、香港と言う都市と、香港映画を愛して止まない」というのを、ワタシも感じました。
長くなってしまいました。
インファナル繋がりなので、ついつい熱が入ってしまいます。
TBさせていただきました。
浜崎さんの歌には驚きましたね。配給がエイベックスだったからでしょうね。

サラさん、ようこそ!

サラさん、いらっしゃいませ。

ホントにこの映画は、香港への愛と
香港映画へのレスペクトとで
溢れていました。
そして2003年はレスリー・チャンの死と、
SARSの年でもありました。
中国に吸収され、独自性を少しずつ
失いそうな香港ですが、
この映画では、両者のブリッジとして
女優陣も頑張っていましたよね。

悪役トニー

TATSUYAさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
梅田OSは、PITAPAを提示すれば300円引きだと思いますよ。持ってらっしゃるかな。
レディースデイに1800円で観るってちょっと損した気分ですよね。
ガーデンシネマみたいに男女問わず1000円だったらいいのにね。

眼鏡トニーが石坂浩二さんに似てると思われた方、多いのですねー。
いつもの「眼力」を眼鏡で封印したのかな・・。
レスリーが亡くなった頃は、香港映画はどん底でしたものね。
いまやリメイクされてオスカー受賞する作品を生んでいる香港映画界、アンドリュー・ラウ、アラン・マック、トニーの功績は大きいですね。
ではでは、また来ます。

真紅さん、ようこそ!

真紅さん、
>梅田OSは、PITAPAを提示すれば300円引き
大変貴重なアドバイスアリガトです。
OSAKA PiTaPaの
タヌキキャラの制作に関わったにも
かかわらず、持ってませーン!!とほほ。
これを機に持つ事にします。
えっ、ガーデンシネマは、
男子も1000円ですかぁ?
シラナンダァ~。

初めまして。
レビュー、拝見しました。
昨日、映画を観たのですが理解に苦しんで居た私の脳みそがすっきりしました。ありがとうございます~
ブログ、今は機能していないので
トラバが出来ませんので、転載させて
頂かせてもらいます~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://amon1610.blog51.fc2.com/tb.php/56-24b1de96

傷だらけの男たち [映画]

★★★★★★★★★☆ http://drywhisky.com/index.h

  • [2007/07/19 06:59]
  • URL |
  • mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

 香港 サスペンス&犯罪 監督:アンドリュー・ラウ&アラン・マック 出演:トニー・レオン     金城武     スー・チー     シュー・ジンレイ【物語】2003年のクリスマス。刑事ポンと彼の親友でもある上司ヘイは、かねてから追跡していた...

  • [2007/07/19 10:10]
  • URL |
  • 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督の最新作です。原題は「傷城」今回は、インファナルを手掛けたチームが再結集して、脚本もアラン・マックが参加してます。早々と、ハリウッドでリメイクが決定されてるそうで・・・又、トニー・レオ...

  • [2007/07/19 21:30]
  • URL |
  • 愛猫レオンとシネマな毎日 |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち(2006年)

あの名作『インファナル・アフェア』のスタッフが再結集して制作した作品。この作品も『インファナル・アフェア』と同様、レオナルド・ディカプリオの出演によるリメイクが決定されている。香港って、不思議ですね。人口800万程度しか居らず、領域も狭いのに、何故にこんな

  • [2007/07/19 21:50]
  • URL |
  • 勝手に映画評 |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

【傷城/CONFESSIONOFPAIN:2007/07/07】(07.07鑑賞)製作国:香港PG-12監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック出演:トニー・レオン、金城武、スー・チー、シュー・ジンレイ、チャップマン・トー、ユエ・ホア、ヴィンセント・ワン、エミー・ウォン2003年のクリスマス。刑

  • [2007/07/19 21:52]
  • URL |
  • 映画鑑賞★日記・・・ |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

傷城/Confession of Pain(2006/香港)【劇場公開】監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック出演:トニー・レオン/金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ/チャップマン・トー/ユエ・ホア「インファナル・アフェア」のスタッフが再び集結。トニー・レオンと金城武の二

  • [2007/07/19 23:16]
  • URL |
  • 小部屋日記 |
  • TOP ▲

「傷だらけの男たち」レビュー

「傷だらけの男たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トニー・レオン、金城武、シュー・ジンレイ、スー・チー、チャップマン・トウ、他 *監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのト

  • [2007/07/20 04:19]
  • URL |
  • 映画レビュー トラックバックセンター |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち 85点(100点満点中)

喜国雅彦とは無関係です公式サイトアンドリュー・ラウ&アラン・マックにトニー・レオンと、香港ノワールの名作『インファナル・アフェア』の監督、脚本、主演が再結集、更に金城武をもう一人の主演とし、苦悩と憎悪に喘ぐ二人の男を対照的に描いた物語が展開する。...

  • [2007/07/20 08:06]
  • URL |
  • (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) |
  • TOP ▲

喪失と再生~『傷だらけの男たち』

 傷城(Forlorn City) CONFESSION OF PAIN 5年越しの恋人を喪った元刑事のポン(金城武)は酒浸りの私立探偵。ポンの元同僚であり、親友でもあるヘイ(トニー・レオン)は富豪の娘スクツァン(シュー・ジン

  • [2007/07/20 09:26]
  • URL |
  • 真紅のthinkingdays |
  • TOP ▲

悪役初挑戦 【傷だらけの男たち】

この映画の日本公開を、どれだけ待ち望んだことか…。 すでに、このブログでも2回、

  • [2007/07/20 23:39]
  • URL |
  • 犬も歩けばBohにあたる! |
  • TOP ▲

【傷だらけの男たち】

【傷城/CONFESSION OF PAIN】監督    ≪ アンドリュー・ラウ脚本    ≪ フェリックス・チョン製作年度 ≪ 2006年日本公開 ≪ 2007年7月7日上映時間 ≪ 1時間51分 製作国   ≪ 香港配給    ≪エイベ

  • [2007/07/20 23:44]
  • URL |
  • +++ Candy Cinema +++ |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

まぁ~、ひどい混雑でした!!!並ぶのキライなこの私が、1時間半も並んでチケット買いました!!!これね、2003年から話しが始まるんですけども・・・2003年と言えば香港を襲った「SARS(サーズ)」がありましたよね。そしてレスリー・チャンが自殺したのもこの年。こ

  • [2007/07/21 15:31]
  • URL |
  • UkiUkiれいんぼーデイ |
  • TOP ▲

「傷だらけの男たち」:毛利二丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あら、この犬、さるぐつわみたいなのさせられて、かわいそう。{/kaeru_en4/}こうしておかないと人間に咬みついちゃうんじゃないのか。{/hiyo_en2/}でもねえ、こんなものさせられたら不自由でしかたないと思うんだけどねえ、犬にしたって。{/kaeru_en4/}そんなに

  • [2007/07/22 17:53]
  • URL |
  • 【映画がはねたら、都バスに乗って】 |
  • TOP ▲

傷だらけの男たち

傷だらけの男たち’06:香港◆監督:アンドリュー・ラウアラン・マック「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:トニー・レオン、 金城武、 シュー・ジンレイ、 チャップマン・トー、スー・チー ◆STORY◆かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事....

傷だらけの男たち

原題 傷城/CONFESSION OF PAIN 製作年度 2006年 製作国・地域 香港 監督 アンドリュー・ラウ/アラン・マック 脚本 フェリックス・チョン/アラン・マック 出演 トニー・レオン/金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ/チャップマン・トー/ユエ・ホア 2003年のクリスマス、ポン

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。