スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 

黄色いブラックコメディの秀作。

20070802065050.jpg


 やっと夏らしい夏になってまいりました。レイトショーに持って来いの季節。で、梅田シネリーブルのレイトショーで観たのがこの映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』であります。

 カンヌ映画祭「批評家週間」招待と聞いて「ほほー!」。なにせ、世界でもたったの7本しか選ばれないという激戦区の選考過程を経て、正式に招待されたわけですね。「大日本人」の「監督週間」とは、ちと違っております。また、うるさ方が多いキネ旬の批評もこぞって高評価。TYOの遅れてきた新人『吉田大八』監督に期待しての鑑賞です。

 物語は、絶対女優に成ってやる!と故郷を飛び出した和合澄伽(佐藤江梨子)が、不慮の死を遂げた両親の葬式で、北陸の田舎に帰省することから始まる。和合家はちょっと複雑な家族構成であり、澄伽の実の妹・清美(佐津川愛美)と、後妻の連れ子である宍道(永瀬正敏)と妻の待子(永作博美)が、一つ屋根の下で暮らすことになる。かつて女優に成ることを父に反対され、父にナイフを突きつけた事件を妹の清美の漫画のネタにされた事を恨む澄伽は、徹底的にイジメモード全開で清美をいたぶるのだった。しかし、兄の宍道は、過去のある事が原因で澄伽を諌める事ができない。そして、チョー自己中キャラの澄伽は、さらに暴走して行くのだった・・・。  人気blogランキングへ

img01.jpg


 強いてジャンル分けすると、ブラック・コメディである本作は、吉田監督の絶妙の演出制球力と出演者達の怪演で、非常に高い完成度を見せる。監督曰く、ヒットではなくホームランを狙ってキャスティングしたという澄伽役の佐藤江梨子も、かなりのハマリ役と見た。なにせ、圧倒的プロポーションを見事なカメラワークで魅せてくれるので、澄伽の女王様振りが際立つのだ。携帯も入らない田舎町で、浮きまくる澄伽。そして、イジメに耐えながらも逆に冷静に姉を観察しつつホラー漫画のネタにする清美。その間で煮え切らない兄の宍道の不甲斐なさと、その妻待子へのDVの数々。しかし実は、じっと耐える妹と、さらに嫁の待子の方が、ずっと強くて怖いのだ。
 上映中、何度も若い女性人の笑い声が場内に起こったが、男性達はちょっと引き気味。それが、ある意味この映画を象徴している。元々、「劇団・本谷有希子」を率いる新進気鋭の女流作家として注目される『本谷有希子』の同名の人気戯曲が原作である。そして、かなり本谷有希子自身が投影された脚本であり、女性が共感できるのも頷ける。
 また、この強烈なインパクトの『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の、腑抜けどもは、世の男達全員を指しているのだろう。とほほ・・・。

img02.jpg


 シネリーブルでも8月半ばまでの上映、しかも8時55分からのレイトショーのみとなっているが、中々見応えのある秀作であることは間違いない。妹の清美が描くホラー漫画と実写が交錯するカット編集や、中島哲也監督の「嫌われ松子」「下妻」のカメラ阿藤正一の映像など、CM界をリードする才能が作り上げる新しい邦画の可能性を是非映画館でお楽しみいただきたい。
 ちなみに、シネリーブルの会費は年間1000円ですが、1000円分のポイントが付き、提示で毎回300円引き、金曜日は1000円で鑑賞と、中々のお得感であります。もちろん、達也も入会しております。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
本谷 有希子 (2005/07)
講談社

この商品の詳細を見る


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://amon1610.blog51.fc2.com/tb.php/58-7c21c002

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 77点(100点満点中)

サトエリはキューティーハニーではなく、けっこう仮面をやるべき公式サイト本谷有希子による戯曲を元に書かれた小説を原作として映画化。要するに舞台劇の映画化と考えた方がわかりやすい。特に屋内シーンにおける人物の出と入りなど、元が舞台である事がありあり....

  • [2007/08/02 17:31]
  • URL |
  • (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) |
  • TOP ▲

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

 極端な自意識過剰女を演じている佐藤江梨子や、漫画家志望の根暗なその妹に扮する佐津川愛美の演技など、まったく大したものではない。私見だが、ああいう“最初からぶっ飛んだ役”は、当初の“掴み”さえ分かればあとはノリで何とかなるのだと思う。彼女たちのような基本

  • [2007/08/02 19:23]
  • URL |
  • 元・副会長のCinema Days |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

奇抜なタイトルと、身内を連想させる他人事とは思えない設定が気になっていた『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を観てきました。★★★★「私は何が何でも女優になるの!」“自分は特別”と勘違いして、彼女なりに努力しているようだけれど、はたから見ていると安易で馬鹿

  • [2007/08/02 20:05]
  • URL |
  • そーれりぽーと |
  • TOP ▲

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」映画館レビュー 台風

台風に、傘放り投げて、フライドチキンガツガツ食ってガツガツ歩きたくなった。悲しみの愛とは何か。その言葉だけでひきつけられる悲しみの愛とは何か。

  • [2007/08/02 22:08]
  • URL |
  • 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ |
  • TOP ▲

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

タイトルのインパクトに負けてないオモシロさ。両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた長女、澄伽が4年ぶりに北陸の山間部の田舎に帰って来た。ん~、おもしろかった。近くに座っていた女子は観終わって開口一番「なんかよくわかんなかったねぇ」って言ってたけどね

  • [2007/08/02 22:40]
  • URL |
  • かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY |
  • TOP ▲

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

サトエリの噂の映画。巷でかなり噂だったので、観にいきました。この話の原作や舞台劇のほうにも話題があったそうです。でもやっぱり映画の注目はサトエリ。『キューティーハニー』で彼女に背を向けた人達も、この映画ではスクリーンに齧りつくかも!?

  • [2007/08/02 23:01]
  • URL |
  • 映像と音は言葉にできないけれど |
  • TOP ▲

★「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

今月は、どうも「109シネマズ川崎」での上映作が気になるひらりん。 2本まとめて見てきちゃいました。 その2本目。

  • [2007/08/03 02:41]
  • URL |
  • ひらりん的映画ブログ |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

凄まじいばかりの家族の物語です。父と継母が亡くなり、東京から故郷に戻った澄伽。実家には、継母の連れ子だった兄の宍道、宍道と結婚相談所の紹介で結ばれた義姉の待子、実の妹の清深がいました。4年前、女優になることを反対された澄伽は、同級生相手に売春し、東京に行

  • [2007/08/03 06:45]
  • URL |
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、 ?悲しみの愛を ?見せろ 5/15(火)@九段会館(試写会)監督・脚本:吉田大八原作:本谷有希子出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏、土佐信道(明和電気)他配給:ファントム・フィルムなんちゅーそそ

  • [2007/08/03 22:29]
  • URL |
  • シュフのきまぐれシネマ |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(07・日)

タイトルはシュールだけど、中身はもっとその上を行く。交通事故で急死した和合夫妻の葬式の日、女優を目指して上京していた長女(佐藤江梨子)が戻ってきた。平穏に暮らしていた長男(永瀬正敏)、その嫁(永作博美)、次女(佐津川愛美)たちに、緊張感が走る。本谷有希子

  • [2007/08/04 16:42]
  • URL |
  • no movie no life |
  • TOP ▲

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」試写会

九段会館で行われた、映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の試写会に行ってきました!!本谷有希子原作の、ブラックユーモア溢れるこんな内容です。↓↓↓『両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道(永...

  • [2007/08/04 23:41]
  • URL |
  • Thanksgiving Day |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

 ほんのちょっとだけコミカルに描いた家族崩壊劇。  この"ほんのちょっと"というさじ加減がまことにむずかしいところですが、基本的にはシリアスな路線を貫いたということで、まずまずの成功といえるでしょう。

  • [2007/08/05 09:28]
  • URL |
  • シネクリシェ |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ サトエリ頑張っています。

  妹がしでかしたトンでもない事件が、壮絶な姉妹バトルに・・・・・ 7月14日、京都シネマにて鑑賞。あのサトエリが超ゴーマンな勘違い女を演じています。スタイルバッグンですよね。サトエリさん足が長いので、同性の私もうっとりするくらいです。 さてさてお

  • [2007/08/05 22:13]
  • URL |
  • 銅版画制作の日々 |
  • TOP ▲

【2007-101】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

人気ブログランキングの順位は?姉・澄伽(すみか)自分が特別だと思っている勘違い女妹・清深(きよみ)姉のいたぶりに耐える少女今の私はホントじゃない。絶対人とは違うんだ。『やっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。』

  • [2007/08/05 23:00]
  • URL |
  • ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」評/何者にもなれない…… (ネタバレあり!)「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は地方の少女が将来を夢見て、何者かになろうと足掻く話である。この悲喜劇は、劇作家として活躍する本谷有希子氏の同名作品を原作とし、これまで数多くの

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

清深の両親がトラックに轢かれて死んだ。その後の話し合いのために、女優を目指して東京に行っていた姉の澄伽が帰ってきた。 澄伽は過去に清深がしたことで清深を恨んでいる。物事すべてが上手くいかないのは清深が過去にしたせいだと思っている。清深も姉に対してを悪いと

腑抜けども悲しみの愛を見せろ

妹に誘われて初日舞台挨拶付き上映に行きました。少し前にテレビで作家の本谷有希子さんのインタビュー番組を見て変わった人だなぁと思ってたのとキャストに永作博美さん、永瀬正敏さんと上手いなぁと思っている人が出ているので興味津々です。両親の訃報を受け、音

  • [2007/08/13 01:15]
  • URL |
  • 映画、言いたい放題! |
  • TOP ▲

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]           2007/07/07公開  (公式サイト)切なさ[:失恋:][:失恋:]ホラー[:唖然:][:唖然:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】吉田大八【脚本】吉田大八【原作】本谷有希子 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(講談社

  • [2007/08/13 18:05]
  • URL |
  • アンディの日記 シネマ版 |
  • TOP ▲

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』公式サイト腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫 も 48-1)勘違い女が女優を目指し、その妹がいじめられながらも姉の姿を漫画に描いて、家族に波乱が起こるというお話

  • [2007/08/19 23:09]
  • URL |
  • 月のブログ |
  • TOP ▲

映画レビュー#59「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

基本情報 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(2007、日本) 監督:吉田大八 脚本:吉田大八 原作:本谷有希子 製作:柿本秀二、小西啓介、鈴木ゆたか 出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永瀬正敏、永作博美 2007カンヌ国際映画祭批評家週間正式出品作品 公式サイト http:...

  • [2007/11/19 02:33]
  • URL |
  • Production Rif-Raf |
  • TOP ▲

吉田大八監督の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観た!

この「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は吉田大八によって映画化され、2007年カンヌ映画祭「批評家週間」正式招待作品となりました。出演は佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、長瀬正敏です。予告編を見ると、この配役、見事にピッタリ、なかでもエゴ丸出しのサトエ

  • [2007/12/06 00:15]
  • URL |
  • とんとん・にっき |
  • TOP ▲

【映画】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

■状況 MOVIX伊勢崎にてレイトショウで観賞 ■動機 チャットモンチー(主題歌担当)にお願いされた為 ■感想 思いのほか面白くて驚いた、満足 ■あらすじ 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた長女・澄伽(佐藤江梨子)が故郷に戻ってくる。自意識過剰

  • [2008/02/25 23:39]
  • URL |
  • 新!やさぐれ日記 |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ DVD

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のDVDを観ました~♪ 面白い映画ですねぇ~♪ 澄伽(スミカ)を演じるのは、佐藤江梨子です。澄伽って凄い傲慢な女の子ですね、女優になるために家を飛び出したはエエけど、仕送りが無いと食っていけない!って兄を脅す・・・...

  • [2008/03/04 22:02]
  • URL |
  • 観たよ~ん~ |
  • TOP ▲

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

★★★★  芥川賞の候補になったこともある木谷有希子の同名戯曲を映画化した作品である。原作同様、長女の澄伽、次女の清深、長男の宍道とその嫁の待子の四人だけで成り立っている舞台劇そのものな映画であった。ただ田舎の田園風景が織り込まれているところに、この作品が

  • [2008/11/19 20:36]
  • URL |
  • ケントのたそがれ劇場 |
  • TOP ▲

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』\'07・日

あらすじ両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは妹の清深(佐津川愛美)のせいだと家族をいたぶる。兄の宍道(永瀬正敏)も澄伽には気を遣い、横柄にふるまう...

  • [2008/12/08 00:17]
  • URL |
  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。