スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京タワー』を試写会で観る。 

    嘘の無い映画に、ありがとうね。
20070405190815.jpg

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (出演 オダギリジョー) /

大阪フェスティバルホールに併設された、『リサイタルホール』で観てきました。

会場は8割以上がオダジョーのファンと思しき若い女性達。

そしてチラホラ、大阪のオカンとオトンの姿も・・・。

スクリーンがワイドに開いて試写が始まると、いきなりオダジョーのナレーションから

映画は始まります。 

今回オダジョーがこだわったと言うナレーションは、中々いい感じであります。

まだ幼いボク(オダギリジョー)が、オカン(内田哉子)とオトン(小林薫)と

小倉で暮らしている少年時代を回想するシークエンスで、いきなり笑わせてくれます。

この映画は、もちろん涙無くしては観れないのですが、いい感じのツボで

結構笑わせてくれるのです。だから、より一層後半のオカンとの永久の別れが

切なさを増して迫ってきます。当然、観客のほとんどは原作を読んでいるか、

テレビ版『東京タワー』を観ている筈。となれば、冒頭からいきなりハンカチ片手に

じっとスクリーンを潤んだ瞳で見つめる事になるわけです。が、しかし。

この映画版は、単に泣かせてやろうか、という意図はあまり感じられませんでした。

本来なら、ここでもう一押し、オカンがミズエに宛てた手紙の朗読シーンがあれば、

涙腺決壊確実!と、わかっていても、あえてそれはしませんし、オダジョーも、

つとめて自然で嘘の無い演技で淡々と魅せてくれるのです。人気blogランキングへ

そして、オカンの樹木希林、オトンの小林薫の恐るべき演技力が、この映画に

リアリティを見事に付加しているのです。
20070405191352.jpg

そして最近、抑制の効いた演技が光るオダジョーの静かなオーラがグッと

伝わってくるようで、ぐいっとスクリーンに引き込まれていきます。

取り立てて泣かせる山場を作っている訳でもなく、劇的なシーンが続くわけでも

ありません。オカンとオトン、そして情けなくだらしないボクとオカンの日常が

ユックリ柔らかく流れてゆきます。そして、そこに、この映画の誠実さとリアリティが

有る様に思えるのです。ラスト近く、オカンの命の灯火が消えようとするころには、

スクリーンをまともに観る事すら不可能なほど涙腺が弛緩してくる訳なのです。

また、音楽も素晴らしく、上田禎のストリングスが胸に切なく迫り、

ラストの福山雅治の『東京にもあったんだ』で、とどめを刺されます。

間違い無く、全てのバカ息子は涙するでしょう。

達也も、『涙そうそう』の100倍泣けましたから。

『ボクの為に人生を生きてくれた人』と言うボクのナレーション。

余命幾ばくも無いオカンが『味噌汁あるけん、温めて食べンしゃい』と言い、

ボクが『オカン、なにを言う・・・』と言うシーン。

そして映画のポスターにもある、オカンの手を繋いで横断歩道を渡るシーンは、

何でもないけど、何度も泣けた!

キョンキョンや柄本明、仲村トオル、宮崎あおいのカメオ出演も見逃せません。

親子リレー競演の内田哉子も若い日のオカンを好演しています。

原作に忠実で、ゆっくり、じわりとくる映画です。

さて、14日からのロードショーで、も一回泣きますか。

20070405191652.jpg


20070405185626.jpg


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社

この商品の詳細を見る


映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」オリジナルサウンドトラック 映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」オリジナルサウンドトラック
サントラ (2007/04/11)
ユニバーサルJ

この商品の詳細を見る


ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

↓ 公式ホームページは、コチラ。
20070405183252.gif

『どろろ』を試写会で観る。 

  フェイクにも、五分の魂。

20070124071748.jpg

『どろろ』を試写会で観てきました。場所は新大阪のメルパルク・ホール。

手塚治虫の原作・アニメを知っているだけに、昨年末から気になって、公式ホームで

チェックして期待が高かっただけに、今回は辛口レビューです。

原作のある映画は全てその比較と言うものから逃げられない定めにあると思うのですが、

この『どろろ』はテーマが深遠なだけに表現が容易ではないと思う。

その点、命の大切さへ切り込んだ「塩田明彦」監督のアプローチは評価できるのだが、

序盤のスピード感やメッセージが、妖怪クリチャーのイマイチなCGのせいで台無しに

なってしまっている。原作をベースにシナリオでアレンジするのなら、

妖怪の造形・デザインをよりリアルにアレンジし、バトルシーンもチン・シウトンの

アクションが映える工夫が必要だろろう。『百鬼丸を演じた妻夫木聡』と

『どろろの柴崎コウ』の演技が良いだけに残念だ。

20070124071823.jpg

物語は室町末期の設定だが、映画ではあえて無国籍としている。戦乱の続く中、

一族の生き残りの為天下統一を願った醍醐影光(中井貴一)は、

生まれてくる我が子の体の48箇所を魔物達にくれてやると盟約を結ぶ。

そして、生まれたばかりの百鬼丸は、ヒルコとして川に流されるのだった。 

  人気blogランキングへ

医師寿海(原田芳雄/、(原田芳雄はアニメ版でも寿海の声優だ)に拾われ、

彼の霊的な医術で欠損部分を義手・義足等で補ってもらい、

20歳になるまで育てられた。

やがて百鬼丸は、寿海の死後、自分の体の一部を持つ妖怪を退治し、

その部位を取り戻す為の旅に出る・・・。

この手塚治虫ならではの世界観は、達也の好きな三浦健太郎の『ベルセルク』にも

強く影響を与えている様に思える。よく言われる『デビルマン』の影響も濃いが、

体に仕込んだ武器と強靭な意志で、人間が魔の力と絶望的な戦いを続けると言う点が

酷似していると思うのだが・・・。

20070124071854.jpg

『どろろ』のポスターのキャッチコピーに、『必死で生きて、何が悪い』と言う

フレーズがあるが、これは劇中の「どろろ」の台詞であり、この映画のテーマでもある。

親が子を、子供同士が弱者の命を奪う時代に、非常に強く心に刺さるメッセージだ。

『どろろ』という稀有の物語を通じてこのテーマを描くのなら、妖怪の作り込みや、

ストーリーの展開、人物の描き方はレベルに達して欲しいものだ。

黒澤和子の衣装。音楽。キャストと演技。美術やグリーンを意識したテレシネのトーンも

好感が持てるだけに残念。

ラストのタイトルには続編をイメージさせる節がるが、次はそこんとこヨロシクなのだ。

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング


『ディパーテッド』は「インファナル・アフェア」を超えたのか。 

そして、誰もいなくなった・・・。

20061229023807.jpg

『硫黄島からの手紙』とアカデミー賞一騎打ちの感がある『ディパーテッド』を

試写会で観てきました。会場の御堂会館は、開演30分以上前から長蛇の列。

『硫黄島からの手紙』に負けておりません。

それもそのはず、主役は潜入捜査官を『ディカプリオ』、マフィア側のラットに

『マット・デイモン』ですから。しかも、今回3度目のアカデミーに執念を燃やす監督の

『マーティン・スコセッシ』は、これでもかとばかりにマフィアのボスに

『ジャック・ニコルソン』を起用。これがまた大正解。オリジンの『インファナル・アフェア』で

ボスを演じたエリック・ツァンのファニーな恐怖も良かったが、狂気を演じさせて

天才(地だったらもっと怖い)のジャック・ニコルソンは、バットマンのジョーカーも

ビックリの怪演であります。おや、あんなにこの脚本にお熱だった『ブラッド・ピット』は?

何と今回はプロデューサーとして制作に回っております。そして、これが吉と出るか、

凶に転ぶかのポイントでもある気がしました。 ブログランキング

20061229032831.jpg

と言うのも、オリジンの『インファナル・アフェア』をあそこまでの映画に押し上げたのは、

勿論秀逸な完成度の高い脚本と、監督『アンドリュー・ラウ』の演出力、撮影監修の

『クリストファードイル』の映像に寄るところが大きいが、なんと言っても

『トニー・レオン』の切なさを伝える瞳の演技と、苦悩する『アンディ・ラウ』の

哀しい表情にあるのだから・・・。

そして、今回トニー・レオンの役を演じた『ディカプリオ』は・・・・

決して負けておりません。トニーとは一味違った、潜入捜査官の悲しみを全身で表現して、

観客をグイグイ引き込んでくれます。『アビエイター』の眉間の皺は更に深く刻まれ、

バイオレンス・シーンを見事にこなし、次第に壊れながらも最後まで自分の忌まわしい

過去の境遇と決別するために戦います。デカちゃん、男を上げましたねぇ。

歩く恐怖の『ジャック・ニコルソン』と、ガッブリとガチンコ勝負をしています。

で、もう一人の主役、アンディ・ラウが演じたマフィア側の潜入者『マッド・デイモン』君。

20061228172244.jpg

これが『ブラピ』だったら、アカデミー作品賞は賞決定! な、ことに成ったやも・・・。

ディモン君、ちょっと若すぎ。『レインメイカー』の頃からその演技力と、

好青年の苦悩を演じる貴重な存在感は買うが、如何せんチカラ不足 !

芸達者の中で、ちょっと浮き気味の感アリ。ディカプリオも年齢的にはまだ若いが、

2度のオスカーをロストした悔しさと、天才子役と言われながらも『ギルバート・グレイプ』

以降のパッとしない低迷期と、大作『タイタニック』後の作品に恵まれない挫折を超え、

『マーティン・スコセッシ』との出会いで俄然輝きだしたのだから。

あっ、『ギルバート・グレイプ』で思い出したが、アンディ・ラウの役を

『ジョニー・デップ』に演じさせれば、凄いことになったかも・・・。

ま、ともかく達也的にはちょっと安心。だってクリントの『硫黄島からの手紙』が、

また一歩オスカーに近づくのだから。 人気blogランキングへ


Complex1: バイオレンス・シーンは、『ディパーテッド』が一枚上。香港マフィアを同じ港町のボストンのアイリッシュ・マフィアに設定しているのも、スコセッシらしくて良い。

Complex2: オリジンで『犬』と呼ばれていた潜入者は、今回『ラット=鼠』と呼ばれているが、ラストの本物登場に、会場は失笑。トホホ。

Complex3: ハリウッド版は、死んで死んで死んで、死の淵に暗し。オリジンに無い伏兵の巡査部長がラストを締めくくるが、これもドライなハリウッド流か・・・。

Complex4: オリジンのテーマ無間道の無常さは良く表現されているが、善と悪の渾然とした哀しみに満ちた世界観が足りない気がするが、文化の差か・・・。あくまでもリメイクだし。

Complex5: 二人の主人公がひとりの女性を愛する設定の変更は良かった。 ディカプリオが潜入捜査官になった動機の過去をシッカリと描いたことも評価できる。ただ、2時間半での完成度だ。


@_@ 作品賞はクリントがとるとして、最優秀主演賞は、デカちゃんが有利。
ねぇ、君はまだ若いのだから、謙さんに譲ってくれよ !

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

『硫黄島からの手紙』を、試写会で観て参りました。 

      2つの手紙、2つの国旗は、
    個人と国家を象徴していた。

20061129224449.jpg
※ネタバレの嵐にご注意ください。

昨日11月28日。本町の御堂会館にて、クリント・イーストウッド監督の

『硫黄島からの手紙』の試写会を観て来ました。

先月『父親からの星条旗』を二度見て、クリントの偉大な計画に気付き、

心からこの試写会を待ちわびていたのですが、実は前日の27日にも厚生年金会館にて、

同じ『硫黄島からの手紙』を観ており、2度目の鑑賞となりました。一度目は、

終了後にあまりの凄さに圧倒され、気持ちを整理するのが精一杯で、

とても情報をまとめて皆さんにお見せできるレビューにすることが出来ませんでした。

やはりこの2つの映画は壮大なスケールで、2つの国の人達に、同じメッセージを

圧倒的な迫力で伝えていたのです。

開演の合図が響き、映し出されたモノトーンのワーナーブラザーズのロゴが、

やがてタイトルと共に、スクリーン一杯に広がる満天の星空に変わる。

しかし、それは夜空に輝く星では無かった。カメラがトラックバックして上方に

パーンすると、それは真っ黒な硫黄島の砂浜に散りばめられた貝殻(金属?)だった…。

20061130010851.jpg

現代の硫黄島慰霊団の発掘作業のシーンが、61年前の陣地構築のシーンに

深くオーバーラップして物語りは始まるのだが、ここでモチーフとなる

シャベルは、ラストの出来事とシンクロしている。やがて日本に残した妻への手紙の

モノローグが流れ、語り手の西郷(二宮和也)の顔がアップになる。

この一連のカットの流れがこの映画の構成を見事に象徴している事が、

最後まで見届けると分かることになる。    ブログランキング

次のカットで栗林中将(渡辺謙)が輸送機(一式貨物輸送機に似ているが・・・)で

硫黄島に着任するシーンに変わるが、やはり内地の妻へ宛てた手紙を読む

モノローグのシーンとなっている。

20061130010018.jpg

赴任そうそう硫黄島を視察し、次々に方針を変更する栗林中将は、

部下や海軍の指揮官と衝突しながらも、強い信念で戦闘準備を整えて行く。

しかし、この栗林中将を演じる渡辺謙は、実に見事である。

今やハリウッドを拠点に活躍する彼だが、今回のこのを役を深く味わうかのように、

柔らかくシッカリと演じているのだ。

達也には、過って「独眼流政宗」で一世を風靡しながら、『天と地の』の主役・

上杉謙信役を病気のために降板せざるを得なかった事とオーバーラップして見え、

実に感慨深いものがあった。

やがて、摂氏50度を超える灼熱の洞窟掘削作業が進み、全長18kmに及ぶ

地下トンネルを持つ要塞陣地が完成する。

日々の作業と上官の制裁に耐える西郷達兵卒は、仲間と時に冗談を言いつつもせっせと

国の妻に届かぬ手紙を書く。

20061130011134.jpg

やがて2月19日のDディを迎え、海上を水平線の果てまで米軍部隊が

埋め尽くす。いよいよ上陸作戦が開始されたのだ。

戦艦ネバダの40cm砲が火を噴き、摺鉢山の形を変えてしまうほどの鋼鉄の嵐が、

日本兵達を襲う。飛び交うコルセア戦闘機から放たれるナパーム弾が地上を焼き尽くし、

ロケット弾が洞窟陣地を狙い打つ。   人気blogランキングへ

しかし、日本兵達は栗林の指揮の下、洞窟内でじっとその時を待っていた・・・。

『行きましょう!』。栗林の号令一下、満を持した日本軍の砲火がいっせいに火を噴いた。

海兵が飛び散り、上陸用舟艇が沈み、アムトラックが大破する。

5日で終わるハズの戦闘、いや地獄の36日、更には終戦後までも続く

硫黄島の戦いが火蓋を切ったのである。

20061130005842.jpg

追い詰められる日本軍。圧倒的米軍の火力の前に吹き飛ぶ戦友達。

そして、追い詰められた摺鉢山では、上官の命に従って、次々と手投弾に点火して自決。

肉片と化す日本兵。阿鼻叫喚の地獄絵が展開される。

西郷達生き残りの兵は、地下トンネルを通って北部の残存部隊と合流しようと試みるが、

海軍の伊藤大尉(中村獅童)に発見され、敵前逃亡と見なされて軍刀で切り殺され

そうになる。殉死、投降、犬死。火炎放射器で焼き殺される戦友。

捕虜にした米兵(1部で捕虜になった少年兵のイギー)にリンチを加えて弄り殺す仲間。

それと同時に、捕虜の米兵の手当てを命じるバロン西・戦車隊長(伊原剛志)。

20061130005754.jpg

鋼鉄が吹き荒れる地獄の戦場にも、やがてフィナーレが訪れる。

大本営から見殺し同様の電文を受け取った栗林は、自ら兵の先頭に立ち、

米軍の兵舎へ夜間切込みを敢行する。

その際、『諸君らの死はやがて故国の国民に達し、必ずや報われる時が来る』と告げる。

そして、鬼の様な形相で、万感の思いを込めて『天皇陛下ぁ、ヴぁんざーい!』と

叫ぶのだった・・・。

今まで一つの戦争映画では描かれることの無かった、敵国の背景を、ここまで詳細に

語った映画は観たことが無い。いや、今後も観るとが出来るかは疑問である。

しかし、監督のクリントは、完全に確信犯で全てを描き切った。この双子の国の

2つの映画を、多くの散って行った名も無き兵士へのトリビュートとして・・・。

20061130002324.jpg

Complex:1 =国旗は国を。手紙は兵士達個人を象徴し、それぞれの国旗、それぞれの兵士の手紙が、重要なモチーフとなっている。

Complex:2 =憲兵清水の犬の話と、捕虜の米兵サムへの母の手紙に出てくる飼い犬の話は、それぞれの国の政治的背景を対極に表すが、個人はまったく同じである事を強く示唆している。

Complex:3 =トップとラストのシーンに描かれる漆黒の砂浜にまるで星の様に散りばめられた貝は、この島で散って行った若者達を星屑として象徴するかのようだ。


負傷した栗林が自決する際に、西郷にこう尋ねる。『ここはまだ日本か・・・?』

西郷は答える。『はい、日本であります!』。スクリーン一杯に映し出された西郷の頬に、

大粒の涙が黒く零れ落ちる。

今レビューを終え、全ての英霊に合掌したい。

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ
FC2 Blog Ranking  ← 応援ヨロシク!

ブログランキング

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子 (2005/07/28)
新潮社

この商品の詳細を見る


栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道 硫黄島からの手紙
栗林 忠道、半藤 一利 他 (2006/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。